インクレセント

インクレセントでは、社員が活き活きと働く環境をつくる研修を行っております。
企業の基盤は「人」です。
それを「人材」とするか「人財」とするかは、経営者の責任です。

「人」が気持よく働くためには、職場環境、特に人間関係を円滑にすることです。
社内の人間関係がギクシャクしていては、いくら個人の能力が高くとも
それが発揮できないだけなく、ともすれば有能な人材を離職させてしまうことになりかねません。
離職理由で一番に上がるのが「同僚・上司との人間関係」だということをご存知ですか?

仕事に知識や技術力が必要なのは当然ですが、その基盤となるのは“人間力”です。
人と関わりでは、「相手の関係性を良い状態で保ちながら、自分の気持ちも大切にする」ことが重要です。
<相手>も<自分>も大切にし良い関係を築く、そいう力が必要なのです。

企業を育てるには、まず「人」を育てること、そしてその基盤となる「人間力」を育てること。
足元がグラついては、どんな高い塔を建てても、いずれは崩れてしまいます。
まずは、基盤を固めるところから見直す、いまからでも遅くはありません。

インクレセントでは、型にはまった研修はいたしません。
お決まりの研修内容を行ったところで、本当に企業や社員のためになっているかといえば、答えはNOです。
人にはそれぞれ個性があるように、企業にも個性があります、
個性を無視した型通りの研修では、ただ研修をやったという自己満足だけで、問題の解決にはほど遠い結果となります。
研修を実施するまでに、「今何が問題なのか」「現状はどうなのか」「結果的にどうなりたいのか」などしっかりとヒアリングさせていただき、会社の問題を理解している経営者や人事担当者の方が、納得してして頂ける研修を一緒に作りご提案させていただく、本当に御社のための研修を行うことがインクレセントの研修です。

特に人間関係を良好にするための「コミュニケーション研修」でお勧めするのが、社内で研修を行うことです。
一部の社員が社外で研修を受け、それを社内で反映させることも良いことですが、「人間関係」は一人が頑張ってもなかなか変われるものではありません。
社員全員が同じ研修を受け、<共有>し、<共感>し、<共鳴>して何かが変わりはじめます。
いつもの職場で、みんなで同じことを学ぶことは、それ以上に得るものが有るはずです。
是非、経営者の方も一緒に参加してください。
きっと、いつもと違う社員の皆さんを見ることができます。

インクレセントでは、コミュニケーション研修の他、新入社員研修・管理職向け研修・女子社員力研修など各種研修を御社のご要望にカスタマイズして、ご提案させていただきます。
ご興味をもたれたら、一度お問い合わせください。
御社の一員となり、一緒になって考え、実現に向けてアクションしましょう。